電卓を持つ人

マンション経営をして蓄えを残そう|ずっと安定収入で暮らせる

全ての賃貸物件をまとめて

マンション

手軽で安定した賃貸経営

企業は一般的に、個人と比較すると多くの資金を有しています。そのため企業の中には、資金力を活用して、規模の大きな不動産投資をおこなっているところもあります。しかし規模が大きいからこそ、不動産投資では多くの手間暇がかかることになります。たとえば住戸の数が100というマンションで賃貸経営をおこなう場合には、100人もの入居者を見つけた上で、100回分の賃貸借契約を進めることになるのです。もちろん空室があれば、利益はそれだけ少なくなります。こういった点に悩んでいる企業から注目されているサービスが、不動産会社による一括借り上げです。一括借り上げでは、企業が有している賃貸物件を、不動産会社にまとめて借り上げてもらうことができます。そのため一括借り上げを利用すれば、企業には入居者を募集する手間も、住戸ごとに賃貸借契約を結ぶ手間も、かからなくなります。さらに、空室のない状態が続くことから、月々の利益が安定します。つまりより手軽に計画的に、賃貸経営を進めていくことが可能となるのです。ただし一括借り上げでは、不動産会社への手数料の支払いが必要となります。とはいえ企業が直接支払うわけではなく、不動産会社が月々の家賃を、手数料を差し引いてから企業に支払うというシステムになっています。手数料は家賃の1〜2割が相場となっているので、差し引かれることで企業に入ってくる家賃は8〜9割となります。しかし賃貸経営における手間隙が大幅に少なくなるというメリットから、一括借り上げを利用する企業は増加しています。