電卓を持つ人

マンション経営をして蓄えを残そう|ずっと安定収入で暮らせる

賃貸経営の不安を取り除く

積み木

経営状態や業歴等を確認

近年、賃貸物件の入居の際に入居希望者に家賃債務保証会社との契約を義務付けることが増えています。このことは、大手不動産会社でも行っていることがありますので、今後、一般的になる可能性は大いにあります。こうなった背景には、連帯保証人の形骸化があります。家賃の債務保証は本来ならば連帯保証人が負うべき責任ですが、収入が少ない人が連帯保証人になることも多く、よって家賃の債務保証が不可能な連帯保証人も多くいます。家賃の債務保証がなければ、安心して賃貸経営を行うことができませんから、入居希望者に家賃債務保証会社との契約を義務付けているというわけです。但し、入居者希望者が家賃債務保証会社と契約したから安心というわけでもないのです。収入が少ない人は連帯保証人だけではなく、入居者にも多くおり、そのため、家賃の滞納が昔に比べて増えています。家賃債務保証会社は契約者が滞納した家賃を代わりに支払うことを仕事にしていますが、家賃を滞納する契約者が多ければ、当然、経営が圧迫されます。そういったことですから、連帯保証人が形骸化している現在、家賃債務保証会社の数は多くあるのですが、その一方で倒産する家賃債務保証会社も多いのです。倒産してしまったら、当然、家賃の債務保証は無効となります。以上のことから、入居者が契約する家賃債務保証会社は倒産することがない家賃債務保証会社でなければ安心できないということになります。従って、家賃債務保証会社と提携する際には、必ず現在の経営状態や業歴等を確認し、倒産する可能性が低い家賃債務保証会社と提携する必要があります。