電卓を持つ人

マンション経営をして蓄えを残そう|ずっと安定収入で暮らせる

賃貸経営で使える方法

女の人

管理が楽になる

賃貸経営はお金さえあれば誰でも気軽に開始することのできる投資のひとつですが、不動産を購入したあとは自分で経営することになります。初めて経営することになる人にとっては難しいものですが、管理業務だけを委託することのできるサブリース契約というものがあります。サブリースとは資金を出しても経営は委託するという方法で、別名では一括借り上げや家賃保証などとも言われています。要は賃貸物件を自分で購入だけして、管理の面を不動産会社などに任せてしまうというものです。管理を丸ごとお任せするという方法のため、建物を一括で借り上げることになり、その物件の家賃は借り上げた側が支払うことになります。入居者がいなくても支払われるということで、サブリース会社から一定の賃料を得ることができます。この方法から家賃保証と呼ばれ、空室のリスクがなくなるので初めて不動産投資をする人にとってのサブリース契約は魅力となるはずです。しかし、サブリース契約で支払われる賃料は、実勢家賃をベースに一定の割合で決められるため、入居者が支払う家賃よりも安くなります。そのため、家賃収入で大きな儲けを出そうとしている場合には足かせになりかねないので注意しましょう。それでも、賃貸経営における入居者の募集や家賃の回収、クレーム処理や退去立ち会いなど面倒な管理を全て一任できるという面で大きなメリットを得ることができます。この理由により賃貸経営をする初心者でも手が出しやすく、利益が多少減っても契約したいという人が増えているのです。