模型

マンション経営をして蓄えを残そう|ずっと安定収入で暮らせる

マンション

全ての賃貸物件をまとめて

一括借り上げは、規模の大きな不動産投資をおこなっている企業から注目されています。利用することで、入居者の募集や賃貸借契約などの手間隙を多くかけずに、安定した賃貸経営をすることが可能となるからです。家賃の1〜2割が手数料として差し引かれますが、メリットが大きいために多くの企業が利用しています。

安定した金融資産

紙幣を数える人

年金や生命保険になる

資金的に十分な余裕のある方は、まったくローンを組まずにマンションを購入し、転売したり賃貸したりして収益を上げることが可能でしょう。しかしまとまった資金のないサラリーマンでも、マンション経営を始めるのは難しくありません。働き盛りで一定の収入があるなら、銀行ローンで資金を調達し、購入した投資用マンションを賃貸するのが、マンション経営の基本的な方法です。家賃の収入があるため、月々のローン返済の負担は軽くなります。ローンを完済してしまえば、家賃収入がすべて不労所得となります。そのためマンション経営は、老後の不安を解消するための私的年金と考えることができます。またマンション経営には、生命保険の役割を持たせることもできます。万が一本人が死亡した場合、団体信用生命保険への加入でローンの残債が消滅するため、遺族は負債なしでマンションを相続し、その後も家賃収入を受け取れます。家族の生活を守るという観点からも、マンション経営は有力な選択肢になるでしょう。株やFXなどと異なり、価格変動のリスクが比較的小さいことが、マンション経営のメリットのひとつです。そのため長期的に保有・運用するのに向いており、他の金融資産とのポートフォリオを考えるのが効率的な活用法です。こうした意味では定年退職後に余剰資金で始めるよりも、まだ若いうちから将来を見越して始めたほうが、マンション経営の利点を大きく活かせると言えるでしょう。

女の人

賃貸経営で使える方法

サブリース契約は賃貸経営のひとつの選択肢で、資金を出しても経営は外部に委託するという方法です。一括借り上げや家賃保証とも呼ばれ、たとえ空室であっても賃料が発生するのが魅力です。物件の面倒な手続きを任せることができることから、賃貸経営の初心者でも手が出しやすくなっています。

積み木

賃貸経営の不安を取り除く

賃貸物件の中には、家賃債務保証会社との契約を条件に掲げている物件があります。近年は連帯保証人を建てることが難しい人が増えている為、このような物件が多くなっていくことでしょう。実際に不動産投資をしていて、家賃債務保証会社を利用しようと考えている場合には、倒産することのないような信頼度の高い家賃債務保証会社を利用するようにしましょう。